TOP > 高校生現地レポート

○ 高校留学生現地レポート

Swimming Carnival とDance Party!

2013-06-24

こんにちは!もうTerm2も終わり、本当に日々が早く過ぎていくなーと感じています。
先日、1年に1度のthe Macquarie Grammar School Annual Dance PartyとSwimming Carnival(水泳大会)がありました。
水泳大会は、大会というほどの本気の大会ではありませんが、学校にはHouse Systemという、チーム分けのポイント制で点数を競うというシステムがあります。赤、青、緑と黄色の‘House’(チーム)があり、Academic Achievement(学習別到達度)、Community Service(地域奉仕活動)や、このようなスポーツイベント(Athletic Carnival, Swimming Carnival)などでよい成績を残すと、自分のHouseに得点が加算されていきます。そして、学期末や、年度末に個人とHouseでどれだけ得点を取ったかを全校生徒の前で表彰されます。なので、このSwimming Carnivalで優勝すると、自分のHouseの得点を大きく伸ばすことができるので、ある意味本気で取り組みます。

この動画は、大会の動画です。ご覧のとおり、みんな大きな声で応援しています。そして、先生も仮装していて、すごく盛り上がっています。
大会の順位で,1位から3位までにはこのようなリボンが送られます(写真は2位です)と言っても、チームが4チームしかないのですが。さらに、この大会ではならではの競争もあります。Diving competition(飛び込み競争)、Rescue(救出)などの少し変わった種目もあり、すごく楽しかったです。
結局、緑チームが優勝しました。実は、僕はその日はお腹が痛くてレースに参加できなかったので、見ているだけでした。なので、来年はもっと積極的に参加して、高校生最後の楽しい思い出にしたいです。


次は、the Dance Partyについてです。これは、Swimming carnival と同じ日の夜に開かれました。会場はこのような大きく、日本では体験することのないものです。
毎回、パーティーにはコンセプトがあります。今回は、International traditional dress(みんなの国の伝統的な服)でした。僕は残念ながら持っていなかったので、学校の制服で行きました。
そこでは、いろんな国の服を見ることができました。ベトナムの女子生徒はアオザイという服長い、チャイナドレスみたいなスリットが入った服を着ていました。
このようなことができるのもオーストラリアならではのイベントだと思いました。
パーティーは中華料理から始まり、チャーハン、春まきや、野菜炒めなどおいしい食事をし、それから、先生と生徒の対決がありました。どのような対決かというと、Students teamとTeachers teamで、5人ずつでわかれて、シチュエーションを決めて、そのシチュエーションにあった演劇をして、会場のみんなが投票するというゲームです。
そのお題が、「テストで0点を取って、嬉しい、悲しい、怒り、メルヘンな気分」や、「2人ペアになって、1人がSpeakerになって、もう1人が手の動き(Gesture)だけをやって、2人で、話しているようみに見せる」などなど。結局、Teachers teamが勝ちました。
そのあとは、Talent Quest(出し物大会)、これは生徒たちがみんなの前で出し物をして(ダンスや、歌など)、みんなの投票で優勝者を決めます。そして、優勝したグループには$200現金を賞金として授与します。これには少し驚きました。賞金があるとは!
出し物の中で面白かったのは、Year12の生徒の歌です。歌に乗せて、先生に感謝の気持ちを伝えていました。最後のYear12の生徒にとって今回のパーティーが最後になるので、大変思い出深いものになるのでしょう。
写真は、Year11の友達と、テーブルを囲んで撮った写真です。
今回のパーティーはずっと見てばっかりだったので、来年は自分も参加したいと思いました。
ではまた^^

関連記事

資料請求・カウンセリング
のご予約はこちら

セミナー予約はこちらから

〒102-0083 東京都千代田区麹町3-5-2 BUREX 4F
有料人材紹介事業 厚生労働大臣許可番号 13-ユ-302335、東京都知事登録旅行業 第 3-6137号、一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正規会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:[email protected]