TOP > オーストラリア高校留学基礎知識 > オーストラリア・ブリスベン情報紹介

○ オーストラリア・ブリスベン情報紹介

photo
ブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズという人気都市はもちろん、クィーンズランド全域に多くの美しい世界遺産を有する、観光地として名高いクィーンズランド州。日本とオーストラリアを結ぶ直行便は3都市に就航しており、特に、ケアンズ国際空港と、ゴールドコースト国際空港は日本から最も近いオーストラリアとして、中高生の短期体験留学先としても非常に人気の州です。

・主要都市:ブリスベン(Brisbane)、ゴールドコースト(Gold Coast)、ケアンズ(Cairns)
・面積:170万平方キロメートル
・人口:約418万人
・気候:北部 - 熱帯雨林性気候、南部 - 亜熱帯性気候 
・平均最高気温:30度
・平均最低気温:10度

スタイリッシュな都会の雰囲気と、グレートバリアリーフに代表される美しく代表的な自然を併せ持つ素晴らしい環境を有するクィーンズランド州。観光地としてだけではなく、石炭などの資源、精製品の輸出で世界のリーダー的存在を担っており、国際的なビジネス面においても、また、クイーンズランド大学(UQ)、クイーンズランド工科大学(QUT)などをはじめとする9つの優秀な大学を有しているなど教育面においても、魅力的な州です。

クィーンズランド州教育省国際協力部門 (EQI)からのメッセージ

クィーンズランド州教育省国際協力部門(EQI)は、外国人留学生とそのご家族の様々なニーズに応えるため、また留学生にとってベストな就学環境を整えるための管理を行う専門の機関です。

photo
The attractiveness of QLD -Choosing QLD as a study destination has so many benefits:
- Great climate
- Competitive cost of living
- World class education and facilities
- Wide range of subjects
- Safe and closely monitored homestay families
The meaning/importance of studying at high school in QLD
Studying in QLD will make you a global citizen, improve your English and you will have life long memories and friends. You will have the opportunity to study a subject uniquely Australian or you can match your curriculum to suit your school in Japan while learning and practicing your English.

主要都市

クィーンズランド州を代表する都市は、州都であるブリスベンと、観光地としても人気のあるケアンズ、そしてゴールドコーストの3都市です。

ブリズベン:
シドニー、メルボルンに次ぐオーストラリア第三の都市であり、オセアニア有数の世界都市でクィーンズランド州内最大の都市ブリスベン。街の中心をブリスベン川が流れており、公園や街路樹など緑も多く、都心でも自然を感じることができる環境です。優秀な大学が多い都市でもあり、ビジネス面においても、石炭などの資源、精製品の輸出で世界のリーダー的存在を担う都市の為、日本の企業も多く参入する、教育面、ビジネス面においても非常に魅力の多い都市です。
photo
ケアンズ:

世界遺産である「グレートバリアリーフ」への玄関口で、温暖な亜熱帯地域です。シュノーケリングや大文具で虹色のサンゴ礁や、様々な海洋生物が出迎えてくれます。日本から近い上、時差も少なく、治安が良い、そして親日的な者が多いということから、初めての海外でも安心して渡航することができる都市です。

ゴールドコースト:
オーストラリア最大の観光保養地として世界的に有名な都市ゴールドコーストのシンボルは、42Kmにわたって続く、ビーチです。ロングビーチはサーファーズパラダイスと呼ばれ、朝のビーチウォーキングがアクティビティの一つとして人気を集めます。3つの大学と、4つのTAFE(州立職業専門学校)キャンパス、多数の公・私立学校が存在し、教育面においても、力を入れています。
photo

クィーンズランドの就学環境

小中高の約7割は州立の今日学校です。私立高は3分の1が男女別校となります。 クィーンズランド州の学校は4学期制で完全週休2日制です。新学期は1月末~2月初旬に始まり、12月初旬頃に終了します。各楽器は約10週間で学期戸学期の間に2-3週間の休みがあり、12月-1月にかけて約6週間の休みがある為、年末年始は日本のご家族と過ごして頂くことが可能です。
photo

「教科書に頼らない」教育を重視しており、教師が自由に教材を選び、カリキュラム設定をしています。「覚える」教育ではなく「考えること」に主体を置き、ディスカッションや発表などを通じて、今、グローバル人材に求められる自分の意見を持ち発言する、主体性や発信力を身に付ける授業が行われています。 また低学年からIT教育が積極的に行われ、中学高校では生徒のスキルや興味を優先する為に、多様な科目(英語、数学、社会、科学、環境学、外国語、コンピューター、保健体育、技術、家庭科、音楽、芸術、演劇など)が取り入れられています。 将来のキャリアを踏まえた実用的な科目も多く、希望に応じて、ワークエクスペリエンス(職業実習)なども機会も多様に用意されています。


また、オーストラリア以外の国への進学を考える生徒を対象とした国際バカロレアコースを実施している学校も増えてきており、これからのグローバル社会を生き抜くための力を習得するための最高の環境が整っています。クィーンズランド州では高校の11年生-12年生の2年間の成績の平均評価でどの大学に進学できるのかが決まります。高校によっては提携している大学の特定のコースを高校在籍時に履修し、一定の成績を収めていればそのまま進学できる場合もあります。 クィーンズランド州の大学への進学を検討されている方は、将来の大学選びも視野に入れ高校を選ばれることをお勧めします。

〒102-0083 東京都千代田区麹町3-5-2 BUREX 4F
有料人材紹介事業 厚生労働大臣許可番号 13-ユ-302335、東京都知事登録旅行業 第 3-6137号、一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正規会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:form@world-avenue.co.jp