TOP > 高校留学のFAQ > 学校生活について

○ 学校生活について

どんなクラブ活動ができますか?

オーストラリアの高校では、水泳、テニス、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール、バスケット、バスケットなどのスポーツが非常に盛んです。地域・学校対抗戦なども頻繁に開催され、地域クラブに所属する選抜がそれぞれの試合に出場することができます。 (続きを読む…)

どんな科目が勉強できますか?

オーストラリアの高校では、国語(英語)、数学、地理、歴史、科学、外国語、美術、音楽、体育、技術家庭などの科目から自由に選択することができます。 (続きを読む…)

授業方法の違いはありますか?

まず、日本教育と大きく異なる点が、高校を選定する上での基準が、学力差ではないという点です。したがって、学力レベルでの差は日本のようにはないと言えます。 (続きを読む…)

私立校、公立校の違いは?

公立校
オーストラリアの場合、初等~中等教育、さらには大学・大学院、高等職業専門学校まで、公立校が充実しています。そのため、中・高に関しても、その約7~8割が公立または州立校となります。よって、校風はさまざまですが、レベルは一定で留学生の受入態勢に関しても、どの学校も一定のレベル以上は整っています。 (続きを読む…)

学校間のレベル差はありますか?

まず、日本教育と大きく異なる点が、高校を選定する上での基準が、学力差ではないという点です。したがって、学力レベルでの差は日本のようにはないと言えます。 (続きを読む…)

どのように高校を選びますか?

お子様の希望をしっかりとキャッチし、適切な情報提供とカウンセリングで高校を選定致します。
お子様に最適な留学先を見つけるために、学力・英語力はもちろんのこと、ワールドアベニューの留学カウンセラーが、私立高校・公立高校・ボーディングスクール、また女子高・男子校・共学、お子様の性格や希望をアンケートにて把握・考慮した上で、理系・文系・スポーツ・芸術など学校の特徴を考慮した上で、数多くある候補校の中から数校を厳選致します。 (続きを読む…)

学生ビザガーディアンの条件は?

学生ビザガーディアンになるためには、学生ビザの親族であること、21歳以上で善良であること、申請者は豪州移民法で規定されている健康基準、人物審査基準、資金能力の基準を満たす必要があります。

ガーディアンとは何ですか?

ガーディアンとは、保護責任者のことを指します。学生ビザ申請者本人が18歳未満の際に、親・法的後見人・親族が、学生に同行する保護者としてその選定が必要となります。

奨学金や教育ローンはありますか?

残念ですが、高校留学の奨学金制度はほとんどありません。しかし、都道府県や市、町などの自治体によると独自に留学支援制度を整備しているところもあるようです。 (続きを読む…)

留学費用の目安を教えて下さい。

約300~360万円/年間となります ※公立高校の場合
[内訳]
・年間授業料 約100万円
・年間滞在費(ホームステイの場合) 約100万円 (続きを読む…)

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 Next

〒102-0083 東京都千代田区麹町3-5-2 BUREX 4F
有料人材紹介事業 厚生労働大臣許可番号 13-ユ-302335、東京都知事登録旅行業 第 3-6137号、一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正規会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:[email protected]